中国は見るところが一杯です

中国旅行ではまずは山が

中国旅行で一番お勧めできるところといえば、泰山です。1987年に世界遺産に登録された山です。日本で言うところの富士山的な意味合いがあります。つまりは、中国人の精神的な象徴なのです。かつては、天子が天を祭るために登った、とされている山です。孔子も登ったことがあるとされています。ちなみに黄山という山も良いです。山水画の世界がそのまま写っているような感じの山です。ちなみに日本で山、といいますと富士山のような一つの大きな山をイメージしますが、泰山、黄山は岳、といった感じです。複数の山々が折り重なっているような感じです。だからこそ、実に雄渾な自然を感じることができる、という側面もあります。

山のみならず川も良いです

山も良いですが、さすがに他にも見るべきところがいくらでもあります。その一つが河川です。なんといっても黄河、長江あたりは見るべき価値があるところであるといえます。黄河は、黄河を治めるものが天下を治める、と言われていたくらい重要な河川です。ですから、一度は見るべきところであるといえます。それと中国は世界的に有名な中華料理の本場です。大抵の都市では様々な中華料理を楽しむことができますから、それも旅行では期待することができるものの一つになります。料理に関しては、適当に入るのではなく、外国人向けの良いところに入るべきです。

こちらのサイトから徳島の一部で話題のタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。